こんにちは、岡本です。

昨日は、東京武道館で開催された、アジア柔術選手権2017に出場してきました。



このアジア柔術選手権は、毎年だいたいこの時期に、足立区の東京武道館で開催されている世界ブラジリアン柔術連盟(通称IBJJF)が主催する大会で、国内で最も規模の大きなものになります。

今年は青帯、紫帯、茶帯、黒帯の男女含めて、総勢1,500人オーバーがエントリー。

この大会で優勝するとアジア王者となり、もちろん全日本王者よりも上の、国内で最も価値のあるタイトルを手に入れることができます。



私は今回、マスター2黒帯ライト級で出場。36歳〜40歳の黒帯の部76kg以下級にエントリーしました。




初戦は、ホベルトヨコヤマ選手に、1分49秒で一番絞りによる一本勝ち。






準決勝は、海外のグレイシーバッハからエントリーした選手に、1分15秒でV1コムロックによる一本勝ち。






決勝戦は、INPACT BJJのマルセロコバヤシ選手に、2分47秒でコムロックからの抱え十字で一本勝ち。





アジア柔術選手権2017において、オール一本勝ちで優勝することができました。

実は、色帯時代から通じて、アジア初制覇です。



8月下旬に出場した世界マスター柔術では杉江アマゾン大輔選手に負けて悔しい思いをして、急遽このアジア柔術選手権2017にエントリーしました。

体力的にも精神的にも辛いときがありましたが、自分を信じて頑張ってきて良かったです。



「世界大会では負けてしまったけど、アジアではきっちり勝って優勝したい。」



諦めなければ、必ずいつかはチャンスが来るんですよね。

この表彰台の頂点に立つことを目標としてきましたし、相当な覚悟をもって試合に臨みました。

作戦は、初っ端からフル回転で猛アタックを仕掛けること。

私の持ち味は、常に攻撃して一本を狙い続けることです。

初戦からスーパーサイヤ人の界王拳モードでアタックしていきました。

決勝戦は少し手こずりましたが、私自身も観客の方々も楽しめる、今年のベストバウトと言ってもいい、魅せる試合だったと思います。




いつもサポートしてくださる、ブルテリアの坂本さん、BAD BOYの竹島さん、DUMAUのエジソンさん、Let's BJJの藤原さん、つけ麺千兵衛の村瀬さん、ヨウチ柔術のカチさん、とっち整骨院の我妻院長、下町天丼秋光の秋光を中心としたスタッフの方々。

そして、出稽古でお世話になっている、ポゴナ、Me,We、INFIGHT、カルペディエム三田、パラエストラ東京の昼柔術の方々。

皆さまのおかげで、今回のアジア柔術選手権2017において、オール一本勝ちで優勝することができました。

少しは恩返しができたかと思います。
本当にありがとうございました。



次は10/1(日)に大阪世界館で開催される、プロ柔術MATSURI。

そこでも気持ち良い一本勝ちができるように、また今日から新しい一歩を踏み出していきます。

今後ともよろしくお願いいたします。



みんなの応援やサポートがあるから、いつも以上に頑張れるんですよね。また気持ち良い試合をすることで、恩返しさせていただきます。


あなたもブラジリアン柔術をはじめて強くなろう!!ただいま「思い切って格闘技はじめましたキャンペーン」を実施中!!9月30日までに入会していただけると、なんと、柔術衣(ブルテリア製 ST Gi)を1着プレゼント!!(先着3名)

※入会金3,000円と、会費を3ヶ月分(4,500円×3で13,500円)の計16,500円をお支払いいただくことが条件です。柔術衣の数やサイズに限りがあります。お早めにどうぞ。


ブラジリアン柔術アカデミーRJJ

◼︎活動場所
埼玉県上尾市向山4-3-10  上尾市民体育館
◼︎連絡先
090-2748-8384
◼︎ホームページ